トーカチ

トーカチ

赤マーミごはん
なかみ汁
赤かまぼこ
田芋空揚げ
ピーナッツ和え
牛乳

由来やいわれ

旧暦の8月8日に行う88歳の長寿のお祝いのことを「トーカチ」といいます。 
 「米の祝い」や「米寿」ともいい、親戚や友人を招いて盛大に行います。
「トーカチ」とは「戸掻き」の方言で、枡で米を計っていた時代に、こんもりと山になった米を平に切るのに使った竹の筒のことです。お祝いの日には大きなタライやざるに米を盛り、そこに赤い紙をはった「戸掻き」をたくさんさし、お祝いに来たお客さんに1本ずつ配るところもあります。                                     
 「米寿」と呼ばれるのは、「八十八」という漢字を縮めて書くと「米」という字になるからです。
 今日はトーカチを迎えたおじいさん、おばあさんをお祝いし、さらに97歳のカジマヤーまで長生きできますようにと願いを込めてお祝い料理にしています。